住宅省エネリノベーション促進事業

雇入講習内で【住宅省エネリノベーション促進事業費補助金】の説明がありました。
これは、住宅改修において省エネ化を図る工事を実施した際に
国からの補助金が与えられる制度です。
具体的には、

①高性能建材(ガラス・窓・断熱材)は最高150万円(対象費用の1/3以内)
②蓄電システムは50万円(定額5万円/kWh、対象費用の1/3)
③高効率給湯器(エコキュート、エコフィールなど)は15万円(対象費用の1/3以内)

の補助が出るようです。
詳細は、一般社団法人環境共創イニシアチブのHPをご覧ください。

ご自宅の給湯器の調子が悪い方は、買い替えの際に補助金を利用してワンランク上の
高燃費の給湯器を検討してみてはいかがでしょうか。

また、冬の寒さや夏の暑さにお困りの方は壁や窓の断熱改修で
すごしやすい家になる可能性があります。

ご検討されている方は、ご相談ください。